保険の話

自動車保険や生命保険を中心にしたコラムを綴っていきます。

安い自動車保険の正しい選び方

自動車保険が高い・・・と感じる方は意外と多いと思います。

 

この機会に料金が安い通販型に乗り換えようかな?と検討している方も、既に自動車保険に加入している方も必見の安い自動車保険の正しい選び方についてご紹介していきます!

 

10万円も安い? 自動車保険を最安値にする裏ワザ集 | 自動車保険の最安値を比較

 

 

 

安い自動車保険の探し方について

一口に”安い”といっても、自動車保険は会社によってその金額も補償内容もバラバラです。そこで、便利なサービスを利用してみましょう!

 


その便利なサービスというのが、”自動車保険一括見積もりサイト”です!

 

 

現在、この見積もりサイトは自動車保険以外でも引越しや不動産など様々な見積もりが利用できるのですが、自動車保険の一括見積もりも全て無料で利用することが出来るようになっています。

 


自動車保険の一括見積もりでは、必要な情報を入力すると複数の保険会社に見積もりの依頼が出来ます。

 

そこで相場を比較したり、どこが一番格安なのかをチェックすることが出来るんです。

 


最近利用したときは、複数の保険会社を一括見積もりして上と下で2倍以上の差がありました。(一番安いところで45,000円弱!

 


自動車保険って身内が入っているところになんとなく自分も加入~とか、車を購入した際にディーラーがオススメする自動車保険にそのままお任せで加入~なんていう事が多いと思いますが、比較をすることによって今よりもかなり保険料を抑えることが出来るかもしれません。

 


自動車保険料を安くしたい!!と考えている方は是非、無料で利用できる一括見積もりサイトを利用して相場をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

割引を上手に活用してみましょう!

保険料を安くするポイントに”割引”を利用するというものがあります。

 


全ての保険会社で適用されるわけではないのですが、例えば〈ゴールド免許割引〉は多くの保険会社で適用されている割引の1つになります。

 

 

契約者がゴールド免許であれば保険料が安くなる場合があるんです。

 

 

ゴールド免許=無事故・無違反、普段から安全運転の人という事で保険料を安くすることが出来るんです。オトクなのです!

 


また、〈安全装置割引〉というちょっと変わった割引なんかもあります!

 

 

こちらは、車に衝突安全ボディやエアバック、ABSなどの安全装置がついている際に利用できる割引になります。

 

 

これらの安全装置が車についていると保険料が安くなるということも!

 

 

車を購入の際はこの”安全装置”についてもしっかり確認をしてから購入すると良いかもしれませんね。

 


このほかにも、”複数所有割引”といった割引を利用できることも。

 


こちらは保険会社にもよりますが、例えば1台目保険契約が5年以上で無事故を続けた場合優良契約者ということで2台目3台目の新規契約を割引してくれるというもの。

 

 

条件が保険会社ごとに細かく決められているので、こちらは代理店などにしっかり確認をしましょう。

 

 

車両保険の範囲や免責金額の設定について

自動車保険というのは主に”エコノミー+限定A”や”一般車両””エコノミー”のざっくりわけて3種類に分けられます。

 


この中でもダントツで広い補償内容を持っているのが”一般車両”になるのですが、補償内容が手厚い分保険料は高め・・・。

 

 

ですので、保険料を抑えたい場合は”エコノミー+限定A”や”エコノミー”などと一緒によーく見比べてみるのがオススメです。

 


次に、免責金額のことについて。

 


この免責金額も保険料に結構響くんです。

 

 

この免責金額というのは簡単に言ってしまうと、自己負担額です。

 

 

そして免責金額の設定というのは「万が一、事故があったときに決めた免責金額を下回る修理代の場合は自分で負担をします」というものなのです。

 


保険会社によって異なりますが、多くは”免責0-0”や”免責0-10万円””免責5-10万円”と表記されます。

 

 

これ、”免責5-10万円”の場合1回目の事故は自己負担額5万円で2回目の事故で10万円の負担が掛かりますというものになります。

 

 

そして免責金額5万円で損害金額15万円の場合は5万円が自己負担となり、保険会社からは保険金10万円が出るという事になります。

 


この免責金額はアップすればするほど、保険料は安くなります。(自己負担額が増えれば増えるほど、保険料は安くなります。)

 

 

究極に安く済ませる方法とは?

基本的に、事故によって保険金が支払われると次の年の保険等級が1事故につき3等級も下がってしまい、結果として保険料がアップしてしまいます。

 


保険料を安く済ませたい!

 

 

と考えている方は是非、無事故の優良ドライバーを目指すようにしましょう!

 

 

自動車保険というのは基本的に優良ドライバーは保険料が安くなり事故を起こしたドライバーは保険料が高くなるシステムになっています。

 

 

これノンフリート等級別料率制度っていいます。

 

 

無事故割引、みたいなものです。等級は全部で1~20まであって、この数字が大きければ大きいほど割引率が高いのがポイント。最初は6級~になります。

 

 

そして、1年間事故を起こさなければ毎年1級ずつ階級アップ!その分、割引率も上がっていきます。

 


保険料を安く済ませたい場合、無事故を心がけるというのも大事なことです!

 

 

また、小額の保険料に関して請求しない、という方法も。(保険料を請求すると翌年の保険料がアップするため、小額の場合は保険料を請求しないという選択肢もあります。)

 


因みに等級についてですが、

 


等級6→事故無19割引・事故有19割引
等級10→事故無45割引・事故有23割引
等級15→事故無51割引・事故有33割引
等級20→事故無63割引・事故有44割引
(等級3→事故無12割増・事故有12割増)
(等級2→事故無28割増・事故有28割増)
(等級1→事故無64割増・事故有64割増)

 


という割引率になります!20等級を目指すのも節約に繋がります!

 

 

【姉妹サイト】

shizu183.com