保険の話

自動車保険や生命保険を中心にしたコラムを綴っていきます。

通販型自動車保険のメリット・デメリット

自動車保険で一番最初に選ぶことといえば、代理店型にする?それとも通販型?

 

だと思います。

 

今回は”通販型”の自動車保険についてのメリットとデメリットをまとめてみました!これから自動車保険に加入する方・自動車保険の見直しを検討している方も是非参考にしてみてください。

 

 

まずは通販型自動車保険のデメリットについて

 

デメリット1.契約から保険金請求まで全てを自分で行う必要がある。面倒くさい。負担が大きい。

 

事故を起こしてしまった!!となった場合、通常は保険屋さんに電話をし、保険屋さんに全ておまかせ☆になるのですがこちらを全て自分でしなければなりません。


また、そもそも契約をする際もこの手続きを自分で行う必要があります。約款などを全て目を通し、それから契約・・・になるので、慣れていないとちょっと大変なのも事実です。

 


デメリット2.等級&年齢などがシビア!


代理店型だと割りとゆる~い感じがする年齢や等級。通販型になるとこれがかなりシビアです!


とくに、事故を起こしやすいといわれている免許取り立ての10代20代半ばは保険料が代理店よりも高くなるということも!ある程度年齢が高くても等級もしっかりチェックされるので、結局高くなった~・・・なんていう事もあります。

 


デメリット3.基本的に保険屋の人は来ません。


事故を起こしてしまった!となったときに心強い味方になってくれる保険屋さん。


基本的に、事故直後の現場にはこの保険屋さんは来てくれません。

 

ですので、全部自分で行う必要があります。心強い味方が来てくれないと、ちょっと寂しいですし不安になってしまいますよね。とくに、事故を起こしたとなると動悸も止まりません。

 

デメリットをこんな形で解消できる保険も存在しますよ!

 

セコム損保の場合、通販型自動車保険なのですが緊急時には契約者の関係者として事故直後の現場へ駆けつけてくれる”現場急行サービス”という魅力的なサービスを用意しています。ですが、この場合他の通販型自動車保険に比べると少々割高になります。が、代理店型に比べると安いのもポイントです。


また、アメリカンホームダイレクトにも事故現場の安全確保+通行車両の誘導など事故現場で嬉しい対応をサポートしてくれる”事故現場対応サポート”というサポートが用意されています。こちらも必見です。

 

 

次に通販型自動車保険のメリットについて

 

デメリットばかりではありません!通販型自動車保険はデメリット以上にメリットがいっぱいあります!

 


メリット1.代理店ではないので手数料が掛からない


代理店型の自動車保険が高い理由の中にこの”手数料”が含まれているからなのですが、通販型の自動車保険にはこの代理店手数料というものは存在しません。ですので、その分必然的に安くなります。

 


メリット2.早期契約割引が魅力


早期契約割引を利用することが出来るのも、この通販型自動車保険のメリット!早めに契約をすればその分安くなるので、毎月の保険料を抑えることが出来ます。契約更新が分かっている・保険の見直しを検討している際は是非この早期契約割引を利用して毎月の保険料を安く抑えましょう。

 


メリット3.インターネット割引も魅力


代理店型にはないメリットがこの”インターネット割引”です。

 

全ての通販型自動車保険に用意されているわけではないのですが、このインターネット割引がある通販型自動車保険は意外と多いです。ネットを利用すると時間も短縮することが出来るので是非、ネットをフル活用しましょう。

 


メリット4.自分にピッタリな保険を探しやすい


代理店型になると、一々代理店に行き説明を聞いて自分に合った保険やプランを探す必要があります。

 

ですが、通販型自動車保険の場合事前に必要事項を入力するだけで、複数もの保険を一括で見積もることができ、自分にピッタリな自動車保険を探しやすく見つけやすくなっているのも特徴。時間も手間も大幅に短縮することができちゃうんです。

 


メリット5.全てネットor郵便で完結することが出来るので便利!


自動車保険の見積もりから契約まで、ありとあらゆることをネットや郵便で完結することが出来るのもこの通販型自動車保険の魅力です。代理店が開いている時間を気にすることが無いので、忙しい方でも気軽に利用できるというメリットが。

 


メリット6.保険料が格安


通販型自動車保険最大のメリットがこれです!”保険料が格安”!


契約から請求まで全て自分で行わなければならないため、その分保険料が代理店型に比べると格安なのです。

 

保険について熟知している方、こういうのが得意という方には絶対オススメなのが通販型自動車保険です。

 

 

主な通販型自動車保険会社について

 

ここで、主な通販型(ダイレクト)自動車保険会社についてご紹介していきます。中にはCMでよく見かける保険会社もあるかも知れませんね!


・セコム損保
・アメリカンホームダイレクト
・三井ダイレクト(MS&ADインシュアランスグループ)
SBI損保
チューリッヒ
ソニー損保
アクサダイレクト
イーデザイン損保東京海上グループ
・セゾン自動車火災(損保ジャパン日本興亜ホールディングスグループ)
・そんぽ24


これらは通販型自動車保険の大手となります。有名です!

 

 

通販型or代理店型を選ぶ際に気をつけておきたいことについて

通販型を選ぶ際は、契約内容や補償内容をガッツリと目を通しておくようにしましょう。


「あれ?これだけしか補償されないの!?」となりやすいのも通販型自動車保険のデメリットになります。ですので、契約する際は金額だけではなく補償内容などをしっかりとチェックしておくようにしましょう。


通販型自動車保険は代理店型に比べて料金が圧倒的に安いため、なんとなく通販型を選んで失敗している方が多いのもまた事実です。

 

例えば、保険料がとくに割安になる”日常・レジャー”を選択していたけど実際は通勤中に事故に遭ってしまい補償を受けることが出来なかったという事が多々あります。更に、年間走行距離を選ぶ際”実際よりも少ない距離で契約をしていたのを事後後に初めて知り、補償を受けることが出来なかった”という事例もあります。

 


ですので、契約内容の確認や補償内容の確認が甘いと事故に遭った際に補償を受けられず泣き寝入り・・・なんていう事がないようにこの辺は本当にしっかりと!確認します。

 

また、これらが不安と言う方、契約内容の確認が心配という方は少々割高ではありますがきちんと説明をしてくれて万が一の時に心強い味方になってくれる代理店型の保険をオススメします。


ついつい保険料で比べられやすい通販型と代理店型ですが、いずれも同じ”保険”ではありますがその内容が異なるので自動車保険を選ぶ際は金額だけではなく、様々な面から比較をしてみるようにしましょう!

 

 

結局どこを選ぶのが良さそう?

保険にあまり詳しくない!


自分で対応できるか不安!


という方は、断然代理店型自動車保険をオススメします。

 

事故時の対応、更新をするときの書類作成にくわえ、自分に合ったプランを勝手にオススメしてくれるのでラクチンです。

 

ですが、ある程度保険に関する知識を持っていたり自分で補償内容をアレコレと決めたいと考えている方、何よりも保険料を安く抑えたいと考えている方には通販型(ダイレクト)自動車保険が断然オススメです!


この2つなのですが、通販型自動車保険というのはどちらかというと”事故を起こしたことがない方””保険請求をしない優良ドライバーや優良契約者”を募集している傾向があるのもまた事実です。これまでに事故経験が無いという方なども通販型自動車保険がオススメです。

 

【姉妹サイト】

shizu183.com

 

自動車保険の最安値を比較 | 自動車保険の最安値を調べる方法とは!自動車保険の裏側とランキングを公開中!